植物と古道具展 PLANTSその2

先日1日かけて植物の仕入れへ行ってきました。

10年前くらいに観葉植物などインテリアで楽しむ植物の販売をしていたことがあり、

その当時に比べるとよく目にする植物の種類や植木鉢の種類、

飾り方のアレンジ方法もずいぶん増え、育てることを楽しむにはもちろん、

インテリアに植物を取り入れることがより身近になった印象です。

僕も毎年あたたかくなってくると、家や店に植物をディスプレイしながら

育てるのを楽しんでいるので、今回も好きな植物をいろいろ見つけてきました。

ベンガレンシスは枝が白っぽく、葉っぱも表面が起毛し、明るい色をしているので、明るい印象にしてくれます。
フィカス属の枝ものの観葉植物はインテリアに植物を取り入れた感じが

はっきりとする手軽に取り入れられる育てやすい植物です。

ベンガレンシスは枝が白っぽく、葉っぱも表面が起毛し銀葉系で

明るい印象にしてくれます。

ガジュマルは枝から土に向かって伸びる根が野性的で、室内にアウトドアな雰囲気を取り入れるのに最適です。
ガジュマルは枝から土に向かって伸びる根が野性的で、

室内にアウトドアな雰囲気を取り入れるのに最適です。

ボトルツリーは今回気になって仕入れてみました。株元が膨らみワインボトルを逆さまにしたような枝ぶりが個性的です。
ボトルツリーは今回気になって仕入れてみました。

株元が膨らみワインボトルを逆さまにしたような枝ぶりが個性的です。

細い葉っぱも涼し気。

ザミアはソテツの仲間でオリエンタルな雰囲気があり、葉っぱや株元の固まりも個性的で、インテリアの印象を変えるにはもちろん、植物としても個性があって楽しめます。
ザミアはソテツの仲間でオリエンタルな雰囲気があり、葉っぱや株元の固まりも個性的で、

インテリアの印象を変えるにはもちろん、植物としても個性があって楽しめます。

トックリランも株元の膨らみが可愛く、浅い鉢などで目線の高さに株元を合わせて鑑賞とともにインテリアに彩りを添える植物です。
トックリランも株元の膨らみが特徴で、浅い鉢などで目線の高さに株元を合わせて

鑑賞とともにインテリアに彩りを添える植物です。

ユッカロストラータやヤシなどはモダンなインテリアのアクセントに。
ユッカロストラータやヤシなどはモダンなインテリアのアクセントに。

アガベは力強い造形で見応えもあるので、広いエントランスなどにゆとりを持ってディスプレイしたい植物です。
アガベは力強い造形で見応えもあるので、

広いエントランスなどにゆとりを持ってディスプレイしたい植物です。

銀葉系のエケべリアは明るく見た目も爽やかなので、ギャラリーやお気に入りのアイテムなどと一緒に飾っても良さそうです。
多肉植物もたくさん種類があり、形や色も個性的で小振りなものは取り入れやすく

育てやすいので植物を育てる楽しみも含めて飾れると素敵ですね。

銀葉系のエケべリアは明るく見た目も爽やかなので、

ギャラリーやお気に入りのアイテムなどと一緒に飾っても良さそうです。

小振りで個性的なものはインテリアとしても見応えがあり、育てる楽しみも同時にあります。
多肉植物は春先から秋口にかけて良く育ち見た目も面白いので、

小振りで個性的なものはインテリアとしても見応えがあり、

育てる楽しみも同時にあります。

絵やアート作品を飾るような感覚で、珍種だったり、造形的にオブジェのように美しい植物を飾っても素敵です。
だんだん植物にハマってくると、絵やアート作品を飾るような感覚で、

珍種や造形的にオブジェのように美しい植物を飾っても素敵です。

育てる楽しみ、飾る楽しみ、合わせる楽しみ、そうゆう時間が季節のコーディネートをより楽しくしてくれそうです。
育てる楽しみ、飾る楽しみ、合わせる楽しみ、

そうゆう時間が季節のコーディネートをより楽しくしてくれそうです。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.