求人について その1


2,3年前くらいから働き方の見直しをしていて、どのように仕事を続け、どのように質を高め、どのように新しい事を取り組んでいくかと、考えながら進んできました。

今店に主に関わってもらっている方は3,4名いますが、それぞれでも仕事をしています。植物を扱う方、椅子の張り替えができる方、自身でモノづくりをされている方など、うちの店にとって広がりが生まれる事でもあり、僕ができないような事も含め、それぞれ得意な事を活かしてお客さんの要望に広く応えられるようにもなりました。

限られたスペースでアンティークという限られた物を扱う仕事をしているので、ふだん扱っているアイテムの数をさらに多くしていく事はむずかしい気がしますが、衣食住から繋がる事をプラスしながらREFAFCTORY antiquesがより地域や暮らし、環境に向けて発信していけるような場になっている事を大切な事だと思って仕事しています。

基本的にはみんな、いいな、好き、それいいね、と思う感度は似ていて、新しい壁や疑問をいっしょに楽しんで乗り越えられる仲間だと思っています。そうやって緩やかに関わりながら、お互いを尊重して日々歩むことができると、それぞれの仕事のモチベーションにもなりますし、組み合わさる事で刺激にもなっています。

個人に近い形で仕事していると、どうしても客観的になれない時も出てきます。そういう時に頼れる人や、助け合える人、相談できる人が身近にいると心強かったりもします。

アンティーク家具を仕入れ、それのメンテナンスをして販売する事を主な仕事としてREFAFCTORY antiquesは運営していますが、今はそこから広がったインテリアに纏わる仕事を任される事も増え、自身が企画したイベントや、地域に対してできる事もできる時に実行しています。これからはさらに関わりから生まれる物事が増えていきそうです。

主な仕事の流れはありますが、REFAFCTORY antiquesに興味を持っていただき、特技を活かして関わりを持って仕事する事や、今持っている技術や経験を、違ったカタチで発揮できないか模索されているような方など、一度考えや思いなんか、聞いて話してみたいと思っています。関わり方や雇用の仕方なんかも、関わる方によってそれぞれ異なっても良いと思っています。どんな形でどのように関わっていたいのか、話しながら今までの経験とこれからを結び付けて新しい仕事に繋げていけたらいいなと思っています。

共感できるような事がありましたら一度ご相談ください。

よろしくお願いします。

REFAFCTORYantiques 店主